読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「逃げるは恥だが役に立つ」のあらすじ(ネタバレ)・感想まとめ

マンガ・ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の最新刊あらすじ・ネタバレや感想などをまとめていきます。原作作者は海野つなみさんで講談社「Kiss」で連載中です

マンガ「逃げるは恥だが役に立つ」第9話(2巻)のネタバレ・感想!津崎と風見がみくりをシェア?

マンガ「逃げるは恥だが役に立つ」2巻・第9話のあらすじ・ネタバレや感想などをまとめていきます。

前回第8話では、津崎・みくりが仮面夫婦であることに感づいた風見と、仕方がなく2人で話をすることになった津崎。

第9話は2人が話に行った翌日からの話です。

逃げるは恥だが役に立つ(2) (Kissコミックス)

逃げるは恥だが役に立つ(2) (Kissコミックス)

 

「逃げるは恥だが役に立つ」の主な登場人物

●森山 みくり

f:id:fluuche:20160812203858j:plain

●津崎 平匡

f:id:fluuche:20160812203922j:plain

●土屋 百合(みくりの叔母。52歳)

f:id:fluuche:20160812203945j:plain

●風見(津崎の会社の同僚)

f:id:fluuche:20160812204033j:plain

●沼田(津崎の会社の同僚)

f:id:fluuche:20160812204104j:plain


スポンサーリンク
?

2巻・第9話のあらすじ(ネタバレ)

●風見と話に行った翌日、津崎は昨日はほとんど眠れなかったな…とため息をついていた。
「(なんでこんなことになってしまったんだろう…)」

そんな風見と津崎2人の様子を陰からこっそり見ていた沼田は、2人でこっそり飲みに行くなんて、2人はデキてる?と変な誤解をしていた。

 

●一方、みくりはひどい虫歯になってしまい、百合の勧めもあって歯医者に行く。

すると、想像していたよりも症状は悪く、神経を抜いて詰め物をしなければいけなくなる。

みくりは、津崎の会社の保険には入れてもらっているものの、詰め物は保険がきかないものもあり、高額なお金がかかってしまう。
銀歯だと安いが、前歯でよく見える位置なので、本当は目立たない素材のほうが良いと悩むみくり。

 

●夕食の時に、「まだ大丈夫だろうって虫歯を長いこと放っておいたんですけど、「現状維持」って悪い時に使う言葉じゃないですね。現状が良くない場合にそのままにしておくことはただの放置なんだって実感しました」と津崎に話すみくり。

津崎は「放置…」と暗い顔をしている。

 

●歯の詰め物をどうするか、とにかく百合に会って相談しようと、百合の家に向かうみくり。

すると、途中で風見に出会った。引っ越した風見は、百合の家の近くに住んでいたのだった。

「百合ちゃんに相談したいことがあって…」と言うと、「ああ、津崎さんから聞いた?」と言う風見。

「津崎さんと僕の2人でみくりさんをシェアしようっていう話」
「え?」


スポンサーリンク
?

第9話を読んだ感想

まさかの展開。これが津崎が悩んでいた、なかなかみくりに話せずにいた理由だったんですね。
仮面夫婦が理想という風見だけあって、またなかなかぶっ飛んだ発想です。

自ら契約結婚を提案したみくりなので、今回のシェアというのも何だかんだ受け入れそうな気もするものの、タイミングが悪かったのは、津崎からではなく、風見から聞いてしまったところ。

何ですぐに相談してくれなかったのか?と津崎に対してみくりが怒り出したりしないか、ちょっと心配です。


スポンサーリンク
?