「逃げるは恥だが役に立つ」のあらすじ(ネタバレ)・感想まとめ

マンガ・ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の最新刊あらすじ・ネタバレや感想などをまとめていきます。原作作者は海野つなみさんで講談社「Kiss」で連載中です

マンガ「逃げるは恥だが役に立つ」第19話(4巻)のネタバレ・感想!初々しいメールのやりとり

マンガ「逃げるは恥だが役に立つ」4巻・第19話のあらすじ・ネタバレや感想などをまとめていきます。

前回第18話では、ついに津崎のことが好きだと、自分の気持ちをはっきり自覚したみくり。一方の津崎も、みくりと一緒にいたいという気持ちはありつつも、下手に関係を壊さないようにこのまま契約の関係を少しでも長く続けようと決意。

この第19話では、そんな2人の関係にちょっと進展が見られます。

逃げるは恥だが役に立つ(4) (Kissコミックス)

逃げるは恥だが役に立つ(4) (Kissコミックス)

 

「逃げるは恥だが役に立つ」の主な登場人物

●森山 みくり

f:id:fluuche:20160812203858j:plain

●津崎 平匡

f:id:fluuche:20160812203922j:plain

●土屋 百合(みくりの叔母。52歳)

f:id:fluuche:20160812203945j:plain

●風見(津崎の会社の同僚)

f:id:fluuche:20160812204033j:plain

●沼田(津崎の会社の同僚)

f:id:fluuche:20160812204104j:plain


スポンサーリンク
?

4巻・第19話のあらすじ(ネタバレ)

●母が足を骨折してしまったために、しばらく実家で家事手伝いをすることになったみくり。

もし津崎と契約結婚していなかったら、こうして田舎で収入もなく実家の家事手伝いとして暮らしてたのかな?と改めて自分の働き方について考えていた。

 

一方、津崎は風見とランチへ。
みくりの母が治るまで家事代行はお休みにする、という話をしていた。

「一人になってみてどうですか?寂しいですか?それとも解放感?」と聞く風見。
「正直、両方です。いなくなるとやっぱり気を使っていたんだと分かるし、一人でごはんを食べていると寂しいなって思います」と言う津崎。

 

●そこに偶然、仕事の途中の百合がやってきて、会話に加わる。

「平匡さんごめんなさいね、不自由してるんじゃない?」と言う百合。
「いえ、一人暮らしが長かったので、もともと外食ばかりでしたし問題ありません」と津崎。
「それってみくりがいなくても大丈夫ってこと!?」と怒り出す百合。

しかし津崎は、「ずっと一緒だったからか、いなくても一緒にいるような感覚があるんです。」と言う。

それを聞いて、「これって愛よね…?」という百合。風見もそれを聞いて驚いていた。

 

●みくりと津崎は、離れながらお互いメールのやりとりを楽しみにしていた。

津崎「(相手のことを考えている時間が長いというのは、距離に関係なく同じ時間を過ごしているかのように錯覚する。自分でも不思議な感覚だ)」

みくり「(しょうもない話しかしてないけど、こんなに心が満たされるのは、私が恋をしているから。でも、本当はあのキスのこと、聞いてみたい…)」

みくりは思い切って「あのキスの理由聞いていいですか?」とメールをした。

しかし、案の定それ以降、津崎からのメールが途絶えてしまう。

「(何もなかったことにしたいっていうのは、後悔してるってこと?)」
そんなことを考えながら、眠りにつくみくり。

 

●一方、津崎は、「(本当のことなんて言えるわけない…)」とほとんど眠れず会社に行っていた。

そして何とか、「雇用主として不適切な行動でした。すみません」とメールした。

しかし、みくりは「契約恋人でもあるので、スキンシップはありじゃないでしょうか」と返信。

そして、「2回目もお待ちしています。」と打とうとするが、ダメだ―!と止める。
「(本気で好きになる前は気軽に好意を伝えられたのに、本当に好きになっちゃうと怖くて言えなくなるものなんだな…)」

 

スキンシップとしてならあり、と聞いた津崎も内心喜んでいた。

「(じゃあまたやっていいのか?…だめだすぐ調子に乗っては。気持ちが上がったり下がったり忙しい。この気持ちはもう、認めざるをえないのでは…)」

 

●一方、百合は風見に「もしかして、みくりのこと好き?」とメールしていた。
するとすぐに返信。「好きですよ」とだけ。

「認めちゃうんだー」と百合。

 

●みくりは実家の庭で撮ったカマキリの写真を津崎に送った。
その写真を見てほほ笑む津崎。

「(メールのやり取りも楽しかったけど、早く本物のあなたに会いたい。またあなたを抱きしめたい)」


スポンサーリンク
?

第19話を読んだ感想

前回に引き続いて、2人のやりとり、特に今回は距離が離れてメールになったけど、かなり初々しさを感じるやりとりです。

お互い、いまの関係を壊さないために、踏み込んだことははっきり言わない、でも徐々に本当に少しずつだけど近づいていっている気がします。

一方、前から百合さんがちょっと疑っていた風見さんは、みくりが好きだとはっきり返答。どういう意味の好きなのか、まさか津崎さんのライバルになってしまうのか…?

風見さんの本当の気持ちが早く知りたいところです。おそらく百合さんなら突っ込んで問い詰めるはず。


スポンサーリンク
?