読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「逃げるは恥だが役に立つ」のあらすじ(ネタバレ)・感想まとめ

マンガ・ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の最新刊あらすじ・ネタバレや感想などをまとめていきます。原作作者は海野つなみさんで講談社「Kiss」で連載中です

マンガ「逃げるは恥だが役に立つ」第22話(5巻)のネタバレ・感想!風見への偏見を反省する百合

ネタバレ・感想 マンガ

マンガ「逃げるは恥だが役に立つ」5巻・第22話のあらすじ・ネタバレや感想などをまとめていきます。

前回第21話は、みくりの誕生日に津崎は日頃の感謝を伝えることができ、さらに2人の関係は良くなっていったように思えました。
ただ、そんな中でも、またお互い気を使い過ぎる?ところから、ちょっと嫌な流れなっていきそうです。

第22話のあらすじや感想を紹介していきます↓

逃げるは恥だが役に立つ(5) (Kissコミックス)

逃げるは恥だが役に立つ(5) (Kissコミックス)

 

「逃げるは恥だが役に立つ」の主な登場人物

●森山 みくり

f:id:fluuche:20160812203858j:plain

●津崎 平匡

f:id:fluuche:20160812203922j:plain

●土屋 百合(みくりの叔母。52歳)

f:id:fluuche:20160812203945j:plain

●風見(津崎の会社の同僚)

f:id:fluuche:20160812204033j:plain

●沼田(津崎の会社の同僚)

f:id:fluuche:20160812204104j:plain


スポンサーリンク
?

5巻・第22話のあらすじ(ネタバレ)

●誕生日から1週間たって、またハグの日がやってきた。

ただ、今回はキスはなくどことなくあっさりした感じを受けるみくり。
「(あれ、もうキスはいいってこと?私には満足しちゃったみたいな…?)」と感じるみくり。
「(平匡さんはこの先って進む気はあるのかな?でも、高齢童貞だからな…。私はきにしていないんだけど)」

一方の津崎「(今日はキスできなかったな…。これ以上先に進むのが気が重い。自信がないくせにプライドは高いからだ。セックスに自信はないのにいい恰好はしたいという。
結局上手くいかないなら、このまま疑似恋人として疑似恋愛を楽しんでいるだけのほうがいいんじゃないか…)」

 

●一方、風見がコンビニで立ち読みをしていると、外で何かを探している様子の百合を見つけた。
外に出て「どうしたんですか?」と声をかける風見。

百合は家の鍵を落としてしまったのだという。
すると「2人の方が効率的だし、1人で探すのは心細いでしょ?」と一緒に探し始める風見。

泣くほど感謝しつつも「本当に大丈夫だから、ありがとう」と風見を帰す百合。

 

●しかし、数分後、風見からメールが来る。
見ると、「これ?」と、百合の鍵の画像が添付されていた。

駅の遺失物届けに届けられていて、風見はそこに見に行ってくれていたのだった。

「本当にありがとう。風見さんって意外といい人なのね」と言う百合。

風見「百合さん、僕のこと嫌いだったでしょ?あ、違うか。僕みたいな男が嫌いだったでしょ?」

百合「そんなことは…、いや、そうね」

風見「昔からそうなんですよね。一部の女性には好き好きって言われて、一部の女性からはなぜか敵対心を持たれる」

百合「イケメンだからね。でも私も若い頃そうだった。一部の男からはちやほやされて、一部の男からは理不尽に冷たくされた」

風見「ホント理不尽です。理由が、どうせお前普段ちやほやされてるんだろうって決めつけだったりして。
でも、最初にそうやって嫌われてた人と、あるきっかけで仲良くなったことがあって、それ以来、最初の印象だけで縁を切ったりせずに、こっちが興味を持てる人ならアプローチし続けようと思ったんです」

百合「ごめんなさい。あなたみたいな男は嫌いだったけど、あなたのことは嫌いじゃないわ」

風見「よかった」

そう言って2人は別れた。

 

●百合は、1人部屋に帰って、風見のことを思い返していた。

「(考えてみれば、あの人は最初からずっといい人だった。礼儀正しかったし、親切だったし、私の態度にも怒ることもなかった。反省しないとな。
まあみくりへの気持ちは応援できないけど)」

 

●そして百合は、今後のためにも合いカギをみくりに渡しておくようにした。

そこで、みくりに風見のことを聞いてみた。
「みくりは風見さんと結婚したほうが良かった?」

「風見さんと結婚したほうが、いろいろスムーズだったのかもしれないけど、でも私は平匡さんのことが好きだから」と答えるみくり。

しかし、「(私たち上手くいってるのかな…。平匡さんは私のことどうするつもりなんだろう…)」と不安も感じていた。


スポンサーリンク
?

第22話を読んだ感想

これまで個人的にも、理不尽に風見さんが攻撃されているシーンが多いと感じていたので、今回百合ちゃんの誤解?というかイケメンに対する偏見が解けてスッキリしました。

こういう誤解・偏見って、異性だけじゃなくて同姓でもわりとありがちなことですよね。

一方、みくり&津崎ペアは、あいかわらず気持ちをはっきり表さないせいで、また余計な心配がうまれて距離ができてしまいそうな感じ…。モヤモヤします。


スポンサーリンク
?