「逃げるは恥だが役に立つ」のあらすじ(ネタバレ)・感想まとめ

マンガ・ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の最新刊あらすじ・ネタバレや感想などをまとめていきます。原作作者は海野つなみさんで講談社「Kiss」で連載中です

マンガ「逃げるは恥だが役に立つ」第30話(7巻)のネタバレ・感想!風見が百合に好意…?

マンガ「逃げるは恥だが役に立つ」7巻・第30話のあらすじ・ネタバレや感想などをまとめていきます。

前回第29話では、正式に籍を入れることに前のめりな津崎と、自分の仕事・収入のことで迷いがあってすぐに決めたくないみくり、という状況に。

この第30話は、その続きからです。

逃げるは恥だが役に立つ(7) (Kissコミックス)

逃げるは恥だが役に立つ(7) (Kissコミックス)

 

「逃げるは恥だが役に立つ」の主な登場人物

●森山 みくり

f:id:fluuche:20160812203858j:plain

●津崎 平匡

f:id:fluuche:20160812203922j:plain

●土屋 百合(みくりの叔母。52歳)

f:id:fluuche:20160812203945j:plain

●風見(津崎の会社の同僚)

f:id:fluuche:20160812204033j:plain

●沼田(津崎の会社の同僚)

f:id:fluuche:20160812204104j:plain


スポンサーリンク
?

7巻・第30話のあらすじ(ネタバレ)

●津崎たちの会社では、次の日に臨時部会が行われることになっていた。

これまでの噂から、おそらく部署が縮小するという発表だろうと、同僚たちと話す津崎。

早い人だとすでに転職活動をしている社員もいるという。

風見もすでに転職先を決め、また沼田も知り合いの会社から声をかけられている。

 

●津崎も、仕事に対して考えるところはあるものの、みくりとの正式結婚も考えている立場上、会社に残るという安定した道を選ぶべきか迷っていた。

沼田に話を聞くと、沼田が誘われているのは、企業間を結び付けたり、シングルマザーと独居高齢者のシェアハウスだったり、需要のあるもの同士を結びつけるマッチングのシステムを作っている会社だという。

「世の中の役に立つ仕事がしたいっていう気持ちがあって。もし津崎君も興味があれば紹介するよ」と沼田に誘われて、心が揺れる津崎。

 

●一方、仕事相手から紹介されたシングルファーザーの男性と、デートに行った百合。

ギャラリーを見に行き、その後お茶をする2人。

別れ際、その男性は「久しぶりの大人デート、楽しかったです。でも、僕にいま必要なのは、走れる靴のパートナーなんだって実感しました」と、暗にフラれてしまった。

 

●翌日、百合が昼休みに会社を出ると、同じビルに風見がいた。

実は風見の転職先の会社が、百合の会社と同じビルに入っていたのだった。

一緒にランチをする2人。

百合は、昨日デートに行ったがフラれてしまったという話をする。

思わず笑う風見に「失礼ね、笑うところ?」と言う百合。

「すみません、何かそれ聞いてほっとしてしまって。自分でも驚きました」と風見。

 

一方、津崎から正式に籍を入れる提案をされていたみくりは、「(このまま普通に結婚するのが、一番良いことなのかな…)」といまだに迷っていた。


スポンサーリンク
?

第30話を読んだ感想

最後の風見さんが百合ちゃんがフラれた話を聞いて安心していたのは、好意を持っているっていうことなんでしょうか。だとしたら、かなり応援したいカップルです。

性格的にもお互いドライなところもあって相性は良さそう。

津崎&みくりだけでなく、こっちの風見&百合ペアも今後が気になります。


スポンサーリンク
?