読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「逃げるは恥だが役に立つ」のあらすじ(ネタバレ)・感想まとめ

マンガ・ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の最新刊あらすじ・ネタバレや感想などをまとめていきます。原作作者は海野つなみさんで講談社「Kiss」で連載中です

マンガ「逃げるは恥だが役に立つ」第39話(8巻)のネタバレ・感想!みくりがコンサルの仕事で転職?

マンガ「逃げるは恥だが役に立つ」8巻・第39話のあらすじ・ネタバレや感想などをまとめていきます。

前回第38話では、風見さんを振る形になった百合ちゃん。
そして本当に好きだった風見さんは、さすがにショックを受けた様子でした。

この第39話では、みくりの仕事面でようやく先が見えてきた感じに?

逃げるは恥だが役に立つ(8) (Kissコミックス)

逃げるは恥だが役に立つ(8) (Kissコミックス)

 

「逃げるは恥だが役に立つ」の主な登場人物

●森山 みくり

f:id:fluuche:20160812203858j:plain

●津崎 平匡

f:id:fluuche:20160812203922j:plain

●土屋 百合(みくりの叔母。52歳)

f:id:fluuche:20160812203945j:plain

●風見(津崎の会社の同僚)

f:id:fluuche:20160812204033j:plain

●沼田(津崎の会社の同僚)

f:id:fluuche:20160812204104j:plain


スポンサーリンク
?

8巻・第39話のあらすじ(ネタバレ)

●誕生日の日に百合にフラれた風見は、同僚の五十嵐さんという女性に誘われて一緒に飲みに行った。

「休日に会ってくれるなんて、大進展ですね!」という五十嵐。

「(このポジティブモンスターも、今日は腹が立たない。やっぱり心が弱ってるのか)」と風見。

 

●一方、その翌日、百合は「(やっぱり、もったいなかったかなー。年上の女ぶってかっこいいこと言っちゃったけど。あんな年下であんな良い人に口説かれることなんて、この先一生ないだろうな)」と考えていた。

「(でも、これで良かったのよきっと。良い思い出にして生きて行こう)」

 

●一方、みくりはいよいよ青空市の開催の日がやってきた。

客は少ないものの、チラシを配ったり、やっさんのママ友を呼んだりして、徐々に集まり出していた。

さらに、そこに百合や津崎、沼田らもやってきた。

百合は、会社の若い社員たちも呼んで、SNSで良い写真をアップさせてもっと集客しようと連絡する。

すると、魚屋で出している牡蠣とビールの写真や、その店長がイケメンだったことから若い女性も集まり始めた。

ただ、百合は風見がやってきていないことが気になっていた。

津崎もメールしてみたが、返事がないのだという。

 

●そんな中、以前いちど話をしにきてくれた、津崎の会社のコンサルタントの女性も、様子を見にやってきた。

その盛況ぶりや、みくりの仕事ぶりを見て、「あなたこういう仕事向いているんじゃない?」という女性。

「たしかに、今までやってきた中でいちばん楽しいかもしれません。あの、そちらの会社で新規採用ってされていないんでしょうか?」とみくり。

すると、おそらく中途採用を行っているという。

さらに、今回の青空市を開催したことは、実績としてアピールできると言ってもらえた。

「(ああ、少し道が見えてきた)」とみくり。

 

●そして青空市は終わった。

売上が良かった店、良くなかった店とばらつきはあったものの、成功といってもいい内容だった。

みくりは打ち上げには参加せず、すぐに帰った。そして、久しぶりに津崎の家に戻り、一緒にご飯を食べた。

 

そして、今日の青空市を実績に就職活動することを津崎にも話した。

「みくりさんは良いなー、何か輝いてて。僕はここのところすっかり自分に自信をなくしてしまって。僕の魅力って何ですかね?」という津崎。

みくり「そんなのいっぱいありますよ!頭いいし、優しいし。っていうか、私は平匡さんが自分に自信満々みたいなタイプだったらたぶん好きになってませんよ。逆に、私のいいところって何ですかね?」

津崎「楽しく暮らす工夫をするところと、打てば響く頭の良さかな。そういうところ凄いなって思います」

みくり「小賢しいとかって思いません?」

津崎「小賢しいって、相手を馬鹿にするような言葉ですよね。僕はみくりさんを馬鹿にしたことなんて一度もありません」

 

●その夜は、津崎と一緒のベッドで寝るみくり。

津崎の言葉を思い出して、涙を流していた。

大学時代の彼氏に「おまえ小賢しいんだよ!」と言われてフラれたことがトラウマになっていたのだった。

「(平匡さんはそんなこと知らないだろうけど、今日その呪いを解いてくれた。平匡さんの私への信頼が嬉しい。私もその信頼に応えたい)」

 

●一方、風見は会社でまた、同僚の五十嵐から声をかけられていた。

「この間はありがとうございました。しかも偶然にも風見さんの誕生日だったなんて。これはもう運命でしょ。付き合っちゃいません?いまなら3番目になれますよ」

それを聞いて「え…?」と驚く風見。


スポンサーリンク
?

第39話を読んだ感想

みくりの青空市企画は無事成功、そしてコンサルの仕事で就職活動をすることに。
上手くいけば、津崎さんとも同じ会社で働くことになりそうですね。

それによってようやく別居を解消するのか。正式に籍をいれるのか。そして、2人とも働き始めたときに、これまで、みくりが仕事としてやっていた家事をどうしていくのか、そのあたりも気になります。

別居している間に、津崎さんもいろいろ考えていそうですよね。正式に籍を入れるにあたって、契約内容の変更、とか。

 

一方、やっぱり風見さんのことをどこか惜しく考えている百合ちゃん。まだ間に合う気はするけど、風見さんの同僚の女性・五十嵐さんは今後どういう存在になっていくんでしょうか?3番目って、たぶん3股ってことですよね。

自分に対してそんなふうに言ってくる女性はたぶん初めてで、風見さんがどう反応するのかも気になるところ。


スポンサーリンク
?