読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「逃げるは恥だが役に立つ」のあらすじ(ネタバレ)・感想まとめ

マンガ・ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の最新刊あらすじ・ネタバレや感想などをまとめていきます。原作作者は海野つなみさんで講談社「Kiss」で連載中です

ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」5話のあらすじ・ネタバレ・感想!2人のハグシーンが気になる

ネタバレ・感想 ドラマ

ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」も、11月8日放送回で、いよいよ半分?となる第5話に。

前回は、みくりのことを女性として意識してしまう津崎がわざと距離を置くようになり、その結果ちょっと気まずい関係に。ところが、みくりが「恋人になりませんか?」というまた突拍子もない?提案をして津崎は唖然とする…という終わり方でした。

*ドラマ4話のあらすじはこちら↓

nigeruha.hatenablog.jp

 

第5話は、気になるその続きからです。


スポンサーリンク
?

 

5話の予告

以下、ドラマ公式サイトで紹介されている、5話のあらすじ予告です↓

家の中でぎくしゃくせずに済む最適な解決法として、恋人同士になろうというみくり(新垣結衣)の突拍子も無い提案に驚きを隠せない津崎(星野源)。

一般的な恋人同士がスキンシップとしてハグをするという行為も理解できない上、みくりには「恋人のおいしいところだけがほしい」と小賢しい作戦で攻め立てられ、どんどん追い込まれていた。

 

ある朝、百合(石田ゆり子)が、偶然風見(大谷亮平)を笑顔で送り出すみくりの姿を目撃してしまう。

津崎との生活がうまく行っていないがために不倫をしているのではないかと疑いをかけ、怒りの矛先をなぜか風見に向け、憤りを隠せないでいる。

 

その状況を知った津崎は、沼田(古田新太)に疑われたのも風見にバレたのも全て“恋人っぽい雰囲気”が無いことが原因だと気づく。

“プロの独身”である津崎にとってはハードルが高いことだが、みくりに説得され“夫婦”で話し合った結果、新婚の空気を醸し出すために“ハグの日”を制定することに。

さらに、百合が抱いている不倫疑惑を払拭するべく、目の前でハグを見せつけようと試みるも失敗が続いていた。

 

そんな中、恋人っぽさの練習を必死にしてきたこともあり、みくりに心を開きはじめ、ぐっと距離が近づいたように思えた2人。

そんな2人に襲いかかる新たな試練とは…?!

あらすじ|TBSテレビ:火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』

 

周りからの疑いの目を防ぐためにも、ある意味、契約としての恋人関係を始めることになる2人。
そして、決まりとして月2回のハグをすることに。

マンガでもこのハグのシーンは、かなりキュンとくる大きい見どころのひとつ。

*マンガでいう、4巻の第15話ぐらいからの話になりそうです↓

nigeruha.hatenablog.jp

 

特に、ここまでドラマを見てきても、新垣結衣さん・星野源さんの演技が上手いからなのか、マンガよりもむしろ動きがあって2人の空気感も分かりやすい感じなので、このハグシーンもどうなるか楽しみです。

 

ドラマ5話のあらすじ(ネタバレ)

「恋人になってくれませんか?」と津崎(星野源)に突然迫ったみくり(新垣結衣)。

しかし、「恋人って無理に作るものなんですか?恋人の定義って何ですか?」と抵抗を示す津崎(星野源)。

 

みくりは「スキンシップすることです、ハグとか。疲れたときにお互い慰め合ったりしたいときありますよね」と言う。

「それなら本当の恋人を作ればいいじゃないですか?」

「私は恋人のおいしいところだけほしいんです」

しかし、これまで恋愛経験がまったくない津崎は、簡単に同意はできず悩んでいた。

 

そんな中、風見(大谷亮平)の家の家事代行に行っていたみくりは、家を出て会社に向かう風見が忘れ物をしていることに気が付き、マンションの外まで走って届けた。

すると、その場面を偶然、百合(石田ゆり子)が観ていた。みくりが風見と浮気しているのかと心配する百合。

 

百合の疑いを知った津崎は、「やっぱり僕たちに恋人感がないのが原因なのかもしれない。例の件、やってみましょうか。恋人ってやつ」と決意する。

すると、「じゃあさっそくやってみましょう、ハグ」とみくり。

「両手を広げてください、そこに私が飛び込むので、受け止めてください。そこからカウント1・2・3で終了です」

「ハグってそんなプロレスみたいでしたっけ…?」

そう言いながら、ちょっとぎこちない初めてのハグをする2人。

「なんか照れますね…。でもきっとこれが恋人感ってやつなんですよ」

 

そして、恋人に前向きになった?津崎は、「ハグの日を決めたほうがいいと思うんです。次はいつなのかって仕事中も気になっちゃって。頻度を決めましょう」

そして、週1回・火曜日の資源ごみの日を2人の「ハグの日」にしようと決めた。

 

そんな中、突然百合が家にやってきた。相変わらずまだみくりと風見のことを疑っている百合。

みくりが家事代行に行っているだけだと話すが、なぜ新婚の妻が独身男性の家に行くことを許しているのかと津崎への怒りを持つ百合。

 

一方、風見と偶然会った百合は、「みくりが家事代行に行ってるんですってね。やましいことが無いならいいけど!」と文句を言う。

「まあやましいといえばやましいかな。みくりさんのこと好きなんで」と笑顔ではっきり言う風見。

「やっぱりあのイケメンは安心できない…!」

 

百合に仲の良い夫婦らしいところを見せてちゃんと誤解を解きたいみくりと津崎は、休日出勤している百合の会社の外にある公園でピクニックをして仲良いところを見せようとする。

しかし、そう上手く百合が観てくれることはなく、作戦は失敗に終わりそうになる。

いっそ自分たちの関係を百合に正直に話そうかと言い出すみくり。

しかし、津崎は「それは百合さんに悪くありませんか?秘密を共有することになって、百合さんに罪悪感を持たせてしまうと思います。この秘密は自分たち2人だけで守りましょう」と言う。

 

それを聞いたみくりは、「ハグしてもいいですか?いまの感謝の気持ちです」と言う。
「今日は火曜日じゃないですが」
「前借りです」

そして公園の中で2人はハグをした。これまでで一番長い、しっかり抱き合うハグ。
そして津崎は初めて、ぎこちないながらみくりの頭もなでた。

 

すると偶然、そこを通りかかりハグを目撃した百合が、「何やってんのよ、公共の場で。まあ2人仲良くやりなさい」と笑って帰っていった。
「あれ、上手く誤解が解けた?」

 

そして、家に帰ったみくりと津崎は一緒に食事を作って食べた。

――普通の夫婦じゃなくて、雇用関係+週に1回ハグをする関係。あいまいだけど、楽しい。こんな楽しい休日が毎週あるなら、それだけで幸せだ。

 


スポンサーリンク
?

 

ドラマ5話を見た感想

毎回みくりのいろんな妄想シーン(情熱大陸風とか、今回でいうと選挙演説とか)から始まるのが決まりになってるけど、やっぱ見ていて楽しいシーンですね。

ドラマではマンガ版のみくり以上にエスカレートしていろいろ妄想してる感じです。

 

今回みくりが言っていた「恋人のおいしいとこだけがほしい」っていうのは、あのみくりの感じで新垣結衣さんが言うからそんなに変に聞こえない?けど、もし男側から言ってたらけっこうなセクハラとかにもなってしまいそうな感じですよね。まあ気持ちはどこかでちょっと分かる気もするけど。

 

それはそうと、みくり役の新垣結衣さんはもちろんだけど、石田ゆり子さんの可愛さもすごいですね。あの年齢でああいう自然体でかわいい感じの人って、他に百合役をできる女優さん、あんまりいなかったんじゃないでしょうか。

 

次回は予告を見たところ、百合から新婚旅行に温泉旅館に行くように言われる2人。
初めて一緒のベッドで寝ることに。

マンガ版でいう4巻・第16話あたりのエピソードですね。先に知りたい人はマンガ版のネタバレを見てみてください↓

nigeruha.hatenablog.jp

 


スポンサーリンク
?